【衝撃の死因】○〇〇が1年以上でない・・・結果、亡くなってしまう。

21歳という若さで命を落としてしまったこの女性、なんと1年間も便が出ていなかったのです。

市販の下剤などを飲んでいたものの便は出ず。

病院で診察してもらうことはしなかったそうです。

不要な老廃物である便が出ないって、体にとっては悪いことばかりですよね。

健康を害するというのは想像しなくても分かります。

しかし死因が便秘というのも、誰もが驚くのではないでしょうか。

便秘はそれだけバカにできない症状なんです。

番組ではこの女性にクローズアップして、さらに詳細を紹介しています。


腸閉塞が起きていた





女性は激しい腹痛を訴えてトイレに入り、そのままトイレで亡くなっていました。

解剖の結果、腸閉塞が起きていたそうで、溜まっていた便の量は・・・なんと6.7kg!!

汚物だらけの体内・・・腸閉塞が起こって便やガス、腸液などが排出されず充満していた体、想像するだけでゾッとしますね。

別名イレウスとも呼ばれるそうです。

気になる続きは次のページ