【平昌オリンピック】平野歩夢に誤審!?ショーン・ホワイトに勝っていたのでは!?



平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプ、平野歩夢選手が銀メダルを獲得しました。

平野選手は2回目のランで「ダブルコーク1440」の連続技を含めたルーティーンを完璧に成功させました。そして、95.25点という高得点を出してくれます。これで金メダルに近づいた!誰もがそう思ったでしょう。

しかし、最後に出てきた絶対王者のショーン・ホワイト選手が、3回目の最終滑走で平野選手と同じく1440(4回転)の連続技を成功させて、97.75点を叩き出しました。この結果により、ショーン選手は2006年トリノ五輪と、10年バンクーバー五輪に続いて3つ目の金メダルを獲得しました。

ただ、今回の決勝戦について、スノーボード専門誌『BACKSIDE』編集長の、野上大介氏が解説をしてくれたのですが、誤審だと野上氏が言っているのです。

野上氏:スローで見れば誰でも分かりますが、誤審でした。本当に悔しいですね

いったい現場で何が起きていたというのでしょうか?もっと詳しく聞いてみましょう!

続きは次のページで!!