【医師の告白】病気で亡くなっていった子供たちの「最期の言葉」が悲しすぎた・・・



小児科医は、幼い子供の死をたくさん見ることになります。ただ、奇跡的に命を救う事が出来た時には、とても幸せな気分を味わうことが出来るといいます。とはいえ、一生懸命に治療をしても亡くなってしまう子供たちがたくさんいます。

南アフリカで小児科医をしている、アラスター・マカルパイン医師は、余命僅かな子供たちに、生きていた楽しいのはどんな時なのかをインタビューしたことがあります。幼くしてこの世を去る子供たちの生きる意味を知りたかったから、こんなインタビューをしたといいます。

そしてマカルパイン医師は、子供たちの最期の言葉をTwitterで公開しました。とても胸が痛くなりそうな子供たちの本心がそこには、綴られていました・・・

続きは次のページで!!