【損しない方法】駐車違反は「出頭」すると大損してしまう!出頭せずに済ませよう!

駐車違反は民間委託がスタートされてます!



駐車違反の黄色いステッカー。

アッチャー!警察に出頭かー!

って思ってませんか?


え、出頭しなきゃいけなんですよね?
え、出頭しなくて良いの!?
ってびっくりしますよね。私もびっくりしましたw

駐車違反の黄色いステッカーが貼られてたら出頭する、これ、完全にただの思い込みなんですって。

逆に出頭してしまうと、大損してしまうそうな。一体どういうこと!?

実は駐車違反の取り締まりは、2006年から民間委託が始まっています。
警察官ではなく駐車監視員という方が取り締まっているんですね。

以前は警察官が、15分前後運転手が戻ってくるかもと待ってから取り締まりをしていました。
けれども民間委託になってからは、運転手がいなければ速攻ステッカー貼られちゃいます。
ほんの2〜3分車から離れただけでも、監視員に見つかればステッカーぺたり。

ただ、この段階では、警察は誰が違反したか知らないんです!!!

ステッカーを見てみても、どこどこの警察署に出頭せよなんて書かれてないんです。

ステッカーを貼られて1週間前後で、警察から「放置違反金」の納付書が送られてきます。

その納付書で支払ってしまえば違反に関する処理は終了です。

ちなみに納付書は、ナンバーから検索された車の持ち主のもとに送られます。

納付書で終わらせてしまえば、誰が駐車違反をしたのか警察は知らないまま
違反切符が切られていない状態で終わらせられるんです!!!

気になる続きは次のページ