【感動エピソード】妊婦のための大量の輸血が必要!ラジオ福島が呼びかけた結果がすごかった!!!


今回ご紹介するのは、2014年の5月14日、福島で実際にあったエピソードです。

14日の午前中のことでした。

福島市内のとある病院で、妊娠した女性が大量出血で危険な状態になってしまいます。

お腹の赤ちゃんとママを守るため、病院は赤十字血液センターに連絡。

輸血のための血液在庫が失くなる可能性があると判断した赤十字血液センターは

情報を多くの人に届けて欲しいと、ラジオ福島に依頼をかけました。


気になる続きは次のページ