【衝撃体験談】生きたまま女王蜂を連れて帰ったら、家が大変な事になったwww

女王蜂を生きたままプラスチック容器に入れていると、少しして外が騒がしくなったのに気が付きました。

外を見てみると、そこには蜂の群れが!!そして家を取り囲むように大量の蜂が飛んでいたといいます。

これは普段、働き蜂として働いている蜂たちが、女王蜂を探しにきたのだといいます。この時に集まった蜂の数は、数百から数千だったという事です。

最終的に家の中に女王蜂がいると分かり、窓ガラスに蜂がびっしり張り付いてしまいました。

さて、どうして蜂は女王蜂の居場所が分かったのでしょうか?

実は、女王蜂は人間には分からない強烈なフェロモンを分泌しているので、働き蜂達がフェロモンを嗅ぎつけて場所が特定されたそうです。

さて、過去には同じような蜂のエピソードがイギリスで起こっていました。

続きは次のページで!!