【感動】昔の彼女の両親と約束をした「〇〇までお願いするよ」ついに約束を果たせる日がきました。

俺は田舎の港町で生まれ育った、いわゆる不真面目なDQNってタイプだった。

田舎なので遊ぶところも限られていて、毎日ゲーセンに行ったり夜遅くになればナンパをしたりしていた。

中学2年生の冬に、ゲーセンでナンパをした女性が昔の彼女です。

彼女は当時、高校2年生でした。4歳年上で、160㎝くらいの細身の体型で俺の理想の顔をしていた。

遊びのつもりで声を掛けたのだが、毎日遊びに誘って一発やって終わりと思っていたら、ガードが固くて相手にされませんでした。

やっと誘いにOKしてくれたと思っても、行くところは図書館で2人して読書とか、ちょっとした買い物とか、正直いってつまらなかった。

俺がカラオケに行こうといっても、図書館の方が面白い!というような女の子だった。

そして1日を図書館で過ごす彼女の隣に座り、俺は絵本ばかり読んでいた。

実はこの頃、俺は何度も告白をしていたのですが、毎回断られていました。

続きは次のページで!!