【正論すぎワロタ】子どもの詩が正直すぎて笑えるww「暴走族へ」の想いを綴った小1の詩がヤバいwww



子どもって、大人が考えているような凝り固まったことではなく、とっても柔軟にそして大胆に、正直に物事を考える力があります。

なので、正直な意見を聞きたいのであれば、子どもに聞くのが1番なんですよね!

さて、今回は小学1年生の子が綴った「詩」を1つご紹介したいと思います。

とっても簡潔なのに、ド正論を突きつけられる詩となっています。

思わず「それな!」と共感したくなる、『暴走族』への小1の想いをご覧ください。

続きは次のページで!!