【号泣】小児がんで亡くなった少年が、最期に遺した言葉に涙!「がんばれば幸せになれる」



小児がんと闘い、残念ながらこの世を去ってしまった9歳の少年がいます。

少年が遺した言葉が綴られている『がんばれば、幸せになれるよ』という本が2007年に出版されました。

1番辛い思いをしているはずの少年は、辛い治療に耐えながらも家族への思いやりを一時も忘れることはありませんでした。

とても優しい言葉の中には、少年の力強い意志が感じられます。

続きは次のページで!!