【赤ちゃん取り違えの果て】「私の生んだ赤ちゃんじゃない!」そう言ったのに看護師は「間違いない」と言い張った。そして・・・



1986年にロシアのチェリャビンスクで暮らすゾヤさんが、3人目の子供を妊娠していました。

妊娠中の経過はとても良好で、出産予定日に入院をしました。

しかし、この病院でゾヤさんの人生を変える大きな出来事が起こってしまいます。

気になる続きは次のページ