【感動】余命3か月と診断された42歳の母!最期の母の行動に涙!!



ある医師が、スキルス胃がんの患者さんを担当した時のエピソードをご紹介しましょう。

スキルス胃がんになったのは、42歳の女性でした。

「余命3か月」と診断された後に、諏訪中央病院にある緩和ケア病棟へ入院することになりました。

気になる続きは次のページ