【あの騒動に苦言】武井壮が日大の『悪質タックル』事件に言及!「指導者って〇〇じゃねえの!?」



現在とても大きな騒動となっているのが、『日本大学』のアメリカンフットボールで起きた、反則タックル問題です。

日本大学の選手が、関西学院大学の選手に対して「明らかな反則タックル」をして、ケガをさせてしまった問題ですね。

5月21日には、被害者の父親が警察に被害届を提出し、大学だけの問題ではなく大きな社会問題として取り沙汰されています。

さらに5月22日には、加害者の日本大学の選手が記者会計を開き、ある事実を口にします。

『反則タックルは、監督やコーチの指示だった』と・・・

気になる続きは次のページ