【ショック】秋葉原連続通り魔事件の犯人・加藤智大の生い立ちがヤバい!家族の末路も悲惨!!



2008年6月8日に秋葉原で発生した通り魔事件を覚えていますか?

犯人の加藤智大は、2トントラックを運転して、秋葉原の交差点に猛スピードで突っ込んでいきました。

そして続々と人を跳ね飛ばし、タクシーに衝突すると今度はトラックから降りていきます。

そのまま加藤はサバイバルナイフを振り回し、通行人を刺して回ったのです。

この日は日曜日ということもあり、現場は歩行者天国になっていましたので、多くの人が秋葉原を訪れていました。

この時、現場ではたくさんの人が逃げまどい、血を流し倒れている人がいたりして、地獄絵図のような状況になっていたとか・・・

続きは次のページで!!