【衝撃実話】刑務所から出所することになり「家族のためにがんばろう」と思ったが、迎えに来たのは嫁ではなく・・・



俺は3年間、刑務所で過ごしていたことがある。

自分が悪いのは百も承知だが、子どもと嫁を養うために悪事に手を染めたのだ。

自分にできることは何か?と考えた時に、それしか思いつかなかったんだ。

俺が服役している時、嫁は手紙の返事を送ってくれていた。

しかし、1年が過ぎた頃になると、嫁から手紙の返事がこなくなった。

気になる続きは次のページ