【衝撃事件】虐待死・5歳少女の反省文を見て尾木直樹が激怒!悲しみをあらわにする!

もう遊ばない誓いを立てる女の子



家に閉じ込められた女の子は目覚まし時計を朝の4時にセットして、起きた後はひらがなの書き取りをする生活を強いられていたそうです。

そして、衰弱していく中で、こんな反省文を書いていたことが判明しました。

ママ もうパパとママにいわれなくても

しっかりじぶんから きょうよりか

あしたはもっともっと できるようにするから

もうおねがい ゆるして ゆるしてください

おねがいします

ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして

きのうまでぜんぜんできてなかったこと

これまでまいにちやってきたことを なおします

これまでどんだけあほみたいにあそんだか

あそぶってあほみたいだからやめる

もうぜったいぜったい やらないからね

ぜったい やくそくします


続きは次のページで!!