【悲劇】虐待死!5歳女児の反省文ノートの内容が悲しすぎる。「おねがいゆるして」

父親、過去に傷害で起訴





雄大容疑者は2月末ごろに結愛ちゃんを殴ってけがをさせたとして傷害容疑で逮捕、起訴されていた。

パパに蹴られたと証言・・・





香川県などによると、結愛ちゃんは同県で2016年と17年に計2回、県の児童相談所で一時保護されています。

2回目の保護が解除された後、同年8月末には、病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と児相に通報がありました。

そして、結愛ちゃんは「パパに蹴られた」と話したのですが、県は一時保護の必要はないと判断したのです。

早朝に反省文の強要



結愛ちゃんは毎日早朝、1人で起きてひらがなの書き取りをするよう言われていました。

鉛筆で記された書き取り用の大学ノートには、「反省文」のような内容もあり、死亡する10日ほど前の2月20日ごろまで続いていた。


続きは次のページで!!