【素朴な疑問】志村けん「バカ殿様」は、低視聴率なのになぜ打ち切られない?そこには芸能界の闇が隠されていた

「志村けんのバカ殿様」は1986年8月25日の放送で、最高視聴率27.1%を記録しています。

それからも、人気番組として視聴率を獲得しており、2009年1月8日の放送では15.5%、4月9日では14.5%と安定した数字を稼いでいました。

しかし、2015年4月1日の放送回では9.9%、10月20日は8.5%、2016年1月5日では8.4%という一桁の視聴率となってしまったのです。

通常でれば、低視聴率を3回叩き出した時点で、経営の判断によって打ち切られるそうです。

それにしても、なぜ「バカ殿様」は、こんなにも落ち込んでしまったのでしょうか?

実は、現在の放送規制が大きく関係しているということが判明しました!!

続きは次のページで!!