【過保護すぎる親】跳び箱でケガをした生徒の親が、授業に乱入!モンスターペアレントに対し、クラスの生徒たちが一斉砲撃!?

この日の小学校5年生の体育の授業は、跳び箱でした。

跳び箱と言っても、なかなか難易度は高く、6年生くらいになれば7段や8段に挑戦する生徒もいるようですね。

そんな跳び箱にチャレンジをして、何度も失敗をしながらも、どうしても飛びたい!と思い、練習に励むのが子どもというものです。

ただ、その中で跳び箱にぶつかったり、落下したりしてケガをする子どももいますよね。

近年では、こうやって体育の授業などでケガをした子どもの親が、激怒するというケースが少なくありません。

なので、学校側もトラブルが起きないように、跳び箱を体育の授業から外すという選択をすることもあるくらいなのです。

さて、そんな跳び箱の授業で起きたハプニングというのが・・・

続きは次のページで!!