血液型別病気リスクとは?血液型によって発症しやすい病気を発症したさいの注意点が分かります!



我々日本人は、血液型診断や血液型占いが好きですよね。

欧米(特にユーロ圏の人)では信憑性が低いということで、こうした血液型診断なるものを信じている人が少ないです。

しかし、血液型別で発症しやすい病気、発症しにくい病気があるということに関しては、並々ならぬ関心を示していました。

国立遺伝学研究所が発表した論文によりますと、世界最古の血液型はA型なんだそうです。

地域によって各血液型の人口比率にばらつきがあるのは、それぞれの血液型が誕生するまでにタイムラグがあるからかもしれません。ちなみに私はA型なんですが、A型は日本人の約4割を占めています。

また、A型は一番免疫力が弱いので、一番病気になりやすいとされています。日本における死亡原因のトップは、ご存知のとおり「がん」です。

気になる続きは次のページ