【ママ必見】子どもを信じることの大切さを教えてくれた、1人の母親の物語



あるお母さんから、とても大切な事を教えてもらいました。

このお宅では、最初に生まれた男の子が高熱を出してしまい「知的障害」を持つようになりました。

そして弟となる次男が生まれて2歳になったときでした。

やっと会話ができるようになった弟は、お兄ちゃんに向かってこのような言葉を口にしたのです。

「お兄ちゃんなんてバカじゃないか」

気になる続きは次のページ