【体の不思議】体力を回復させるには「何も食べない」ことが1番効果的だった!?その理由は?

筋力低下でホルモンも減少


老け込んだ人の体の機能が落ちる症状の中で、顕著に表れるのが筋力の低下です。

背中についている大きな筋肉というのは「セロトニン」の分泌に大きな関係があります。

この筋肉の力が低下すると、セロトニンの分泌量も減少してしまう事が分かっています。

さて、このセロトニンというのは心と体を心地よい状態にするために必要不可欠なホルモンです。

それから、睡眠、呼吸、歩行、認知機能、周囲への注意などに影響を与えるホルモンでもあります。

つまりどういう事かというと、老け込んでしまうと体の機能が衰えるだけではなく、精神的な活動も質が低下していくようになるのです。

セロトニンが減少すると・・・

続きは次のページで!!