【今のお気持ちは?】「被害者遺族への取材」をしたくないと異動願いを出す新人記者続出?!精神を病む人も…



近年、悲しい事件ばかりが相次いでいるきがする…

東京池袋で暴走した自動車に親子が衝突され亡くなり、滋賀県大津市で保育園児が犠牲になり、神奈川県川崎市ではスクールバスを待っていた小学生・保護者たちが犠牲になってしまった。

突然、尊い命が失われたこれらの事件、もうこんな事件が起こらないことを祈るばかりだ。

しかし一方で、この事件にも関係して猛烈な批判を浴びているのがマスコミだ。

事件を起こした加害者ではなく、嘆き悲しむ被害者遺族への取材を幾度も重ね、さらに被害者たちを追い込むような姿勢が世間からバッシングされている。

そんな声を受けて報道現場で実際に働いている人たちに話を聞いた。

その中で記者たちの抱える苦悩と意外な現実が見えてきた。

気になる続きは次のページへ→